愛車を売却後、何日程度でお金が手に入るのか?

愛車を査定に出して、中古車買取業者と買取の契約が完了したら、およそどれくらいの期間で手元に現金が入ってくるのでしょうか?
買取の契約が成立した車の買取金は、中古車買取業者が設定をしている支払い方法によって契約者に支払われるようになっています。
支払い方法もさまざまで、その場で現金を支払ってくれるところもあれば、契約の翌日以降に契約者の口座に入金をされる場合もあります。
支払いの回数も1回であることもあれば、2回と分割をして支払われることもあります。
契約者にとって1番ありがたいのは、契約をしたその日に現金で買い取りをしてくれる中古車買取業者だと思います。
しかし、契約当日に現金支払いをする場合は、売却の手続きに必要な書類がきちんと揃っていなければなりません。
必要になってくる書類は、車検証や委任状、譲渡証明書、印鑑証明、住民票などと、複数の書類が必要になってきます。
契約当日に現金で支払いをしてくれるような中古車買取業者は、地域密着で営業をしているようなところばかりで、かなり数は少ないと言えるでしょう。
CMや看板広告を見るような大手の中古車買取業者は、ほとんどが契約の翌日以降に銀行口座に振り込みという形で支払いをしているようです。
中には、契約当日に現金で買取金額の半額を手渡し、残りの半分の金額を銀行口座に翌日以降に振り込むというと業者もあるようです。
どんな支払い方法であっても、ほとんどの中古車買取業者が、1週間以内には買取金額の全額を契約者に支払っています。
1週間という期間はとても短いですが、どうしても契約をした日に現金が必要だという方は、査定を依頼する前に支払い方法を確認されておくことを勧めます。

カープロジェクト入会 カーシェアリング協会 チャレンジ25
高価買取のコツ 中古車基礎知識 車の役立つ情報