車売却の時に必要な書類

車を査定に出す場合、売却のことも考えて事前に必要書類を準備することをお勧めします。 事前に用意しておくべき必要書類を以下に記載しておりますので、ご確認下さい。
普通自動車と軽自動車でご準備頂く書類が異なりますのでご注意下さい。

普通乗用車を売却する場合

  1. 自動車車検証
    (車検証に記載されている所有者の氏名と住所に間違いがないかチェックをして下さい。紛失した場合は運輸支局へ再交付の手続きをしてください。)
  2. 印鑑登録証明書
    (印鑑登録書は発行から1ヶ月以内で2通準備してください。)
  3. 実印
    (所有者の名義変更を行う際に、委任状・譲渡証明書に捺印が必要となります。)
  4. 自動車納税証明書
    (紛失の場合は管轄の自動車税事務所で再発行して下さい。未納の場合は税事務所へお支払い下さい。)
  5. 自賠責保険証書
  6. リサイクル券
  7. 譲渡証明書ダウンロード PDF形式
     譲渡証明書(記載例)ダウンロード PDF形式
  8.  
  9. 委任状ダウンロード PDF形式
     委任状(記載例)ダウンロード PDF形式
  • 戸籍謄本
    結婚などで姓に変更があった場合は、戸籍謄本を提出しなければなりません。
  • 住民票
    住所変更が1回で、自動車車検証と印鑑証明書の住所が違う方は、住民票の提出が求められます。
  • 戸籍の附票(住民票の附票も可)
    住所変更を2回以上行っているという方は、戸籍の附票か住民票の附票の提出が求められます。

車の売却が決定すると、買取金額のお支払いは、現金又は預金口座に振り込まれ支払いされます。
振込み先口座番号のメモを用意しておいた方が、 スムーズに買取契約を行うことが出来ます。

軽自動車を売却する場合

  1. 自動車車検証
  2. 実印もしくは認印でも可(車の所有者の名義変更を行う際と申請依頼書を記入する場合に必要になってきます。)
  3. 自賠責保険証明書
  4. 軽自動車納税証明書
  5. リサイクル券
  6. 軽自動車申請依頼書
    ☆下記よりダウンロードをしてお使い下さい。
    軽自動車申請依頼書ダウンロード PDF形式

普通乗用車と同様に軽自動車を売却する際も、口座振込みの手続きがスムーズに出来るよう、口座番号をメモしたものを用意しておきましょう。
また、車を購入されてから結婚や引越しをされた場合は、以下の書類の提出も必要になってきます。

  • 戸籍謄本
    結婚などで姓に変更があった場合は、戸籍謄本を提出しなければなりません。
  • 住民票
    住所変更が1回で、自動車車検証と印鑑証明書の住所が違う方は、住民票の提出が求められます。
  • 戸籍の附票(住民票の附票も可)
    住所変更を2回以上行っているという方は、戸籍の附票か住民票の附票の提出が求められます。

査定時に必要書類の準備が出来ていると、売却までにスムーズに手続きを行うことが出来ます。交渉がスムーズに進み、場合によっては買取価格がアップすることも。
中古車の価格は、日々変化をし続けています。中古車買取店側としては、査定を出した日からあまり期間を空けて買取の契約はしたくないものです。
ですので、書類がなかなか揃わないという場合は、書類準備期間というリスクも計算をして、査定金額から減額をしているということもあります。
少しでも高く車を買い取ってもらうためにも、また書類を提出する手間を省く為にも、査定日当日に、売却の際に必要な書類を揃えておくことを勧めます。
必要な書類が分からない場合は、事前に中古車買取業者に問い合わせをするのもいいでしょう。

カープロジェクト入会 カーシェアリング協会 チャレンジ25
高価買取のコツ 中古車基礎知識 車の役立つ情報