純正パーツ以外は査定でプラス評価とならないのか?

中古車の買い取り業者は、査定を行う際にある程度の共通の基準というものは持っているのですが、業者によって査定の反映度合いが違うこともあります。
例えば、社外品のパーツをつけている車の査定なのですが、社外品のパーツを査定額に含むかどうかは、買い取り業者によって違ってきたりもするのです。
場合によっては、カスタムした社外品のパーツをプラスに評価をして、買取価格ををアップしてくれるような業者もあるのです。
社外品のパーツを査定に加える場合は、カスタムしているパーツの種類によって評価が大きく変わると言われています。
基本的に査定にプラスとなる社外品のパーツは、カーナビ、オーディオ、ETC、エアロ、マフラー、ホイール、HIDとされています。
社外品のパーツに関しては、ブランド名もとても重要となってきます。
エアロでは、スポーツカーによくカスタムされるニスモバンパーやワゴン車向けのギャルソンは、有名なエアロの種類になりますので、査定でもプラスとなることが多いです。
マフラーに関しては、車検に通るものかどうかもポイントとなります。
また、車検に通るものであっても、あまりに音がうるさいマフラーは、査定の際にマイナス評価となる可能性があります。
カスタムをしている車を高値で買い取りしてもらいたい場合は、一般的な中古車買い取り業者ではなく、カスタムカーを専門に買い取りしている業者に依頼をした方が、専門的な知識もありますし、高価買取をしてもらえる可能性も高いと思います。
社外品のパーツであっても、ものによってはプラス評価になることもありますので、まずは複数の買い取り業者に査定を依頼して、社外品のパーツがどのような評価になるか 比較をしてみましょう。

カープロジェクト入会 カーシェアリング協会 チャレンジ25
高価買取のコツ 中古車基礎知識 車の役立つ情報