中古車買取店とカーディーラーでは査定金額が違ってくるのでしょうか?

中古車買取店もカーディーラーも、どちらの業者も、消費者の方から買い取った中古車は、その後、車専門のオートオークションへ出品をしているのです。

カーディーラーの場合は、車専門のオートオークションに出品する以外にも、提携の中古車販売店に買い取りを依頼している場合もあります。

このようにして、消費者から買い取った車をオートオークションに出品をして落札してもらったり、専門業者に販売をすることで、利益を上げているのです。

中古車買取店やカーディーラーでは、少しでも多くの消費者の方に愛車の査定・買い取りを依頼してもらおうと、多額の広告費を掛けて宣伝活動を行っています。

また、スタッフなどの人件費や店舗の家賃など、かなりの経費をかけて、運営を行っているのです。

これらの広告費・人件費・家賃などのコストを賄うためには、消費者から買い取った車を販売することで利益を上げなければならないのです。

ですので、中古車買取店やカーディーラーが買い取りの査定を行う際は、実際の査定額よりも低い金額で買い取り金額を提示しているのです。

それをオートオークション提携の中古車販売店に販売をする際に、出来るだけ多くの利益を上げられるよう、消費者に支払う金額を少なくしているのです。

その点、大手ではなく地域密着型で経営を行っている中古車買取店や中古車販売店は、多額の広告費や人件費、家賃を掛けておりませんので、

その分だけ消費者の方の買取査定額に上乗せをすることが出来るのです。

大手で全国規模の中古車買取店やカーディーラーは、知名度が高いことから、安心が出来るかもしれませんが、買取査定額が低くなってしまう可能性があるのです。

中古車買取店やカーディーラーという区分けではなく、どれくらい広告費・人件費・家賃を掛けて経営を行っているかということが、査定額に反映をすると言われているのです。

カープロジェクト入会 カーシェアリング協会 チャレンジ25
高価買取のコツ 中古車基礎知識 車の役立つ情報