中古車買取の「基礎知識」

査定の時に必要な書類

買取業者の査定員による査定が終わって買取の手続きへと進む前に、準備をしておかなければならないことがあります。
査定の価格は、タイミングによって変わっていきますので、査定額が変わらないうちに出来るだけ早く提出書類を揃える必要があります。
事前に書類を準備しておけば、スムーズに車を売却出来るので、事前にある程度の書類を用意しておかれた方がいいでしょう。

「査定の時に必要な書類」・・・続きを読む

売却の時に必要な書類

車を査定に出す場合、売却のことも考えて事前に必要書類を準備することをお勧めします。 事前に用意しておくべき必要書類を以下に記載しておりますので、ご確認下さい。

「売却の時に必要な書類」・・・続きを読む

下取りと買取の違い

下取りと買取は若干の違いがあります。 その違いをきちんと理解して、下取りと買取の内容を比較するのが、高く車を売る秘訣でもあるのです。
下取りとは、新しく車を購入する販売店で現在乗っている車を買い取ってもらうことです。
買取価格の金額は、新しく購入する車の購入資金に充てるのが基本です。
自動車販売店でも中古車の買い取りを行うのは日常茶飯事ですので、しっかりと買取の基準を設定しています。

「下取りと買取の違い」・・・続きを読む

下取りし中古車購入。そのメリットは?

下取りで中古車を購入するとはどういうことかと言いますと、ディーラーで現在乗っている車の下取り査定をして、その査定額を引いた金額で新しい車を購入することを言います。
この場合、ユーザーが自分の現在乗っている車の買取価格の相場がどれくらいかを知っていると、メリットは十分に感じられるでしょう。
しかし、買取価格の相場を知らないようであれば、下取りで中古車を購入するメリットは少なくなると言えるでしょう。
買取価格の相場を知らないようであれば、ディーラーは好きなように査定額を出すことが出来ますので、思った以上に安い買取価格で車を売却しなければならないようなこともあり得るのです。

「下取りし中古車購入。そのメリットは?」・・・続きを読む

走行距離何万㎞まで「走行少」?

中古車査定を行う際に基準となる走行距離は、1年で8000~10000kmと言われています。
「走行少」と言われるような1年の走行距離は、3000km以下とされています。 逆に、1年に100000kmを超えるような走行距離の車は、走行多という風に呼ばれます。
車は、走行距離に応じてさまざまな部品が消耗をして劣化をしていきます。

「走行距離何万㎞まで「走行少」?」・・・続きを読む

ローン中の車も売る事はできる?

可能です。名義がローン会社になっている場合は、ローン残額・残債を返済し所有権解除の手続きを行います。 買取店は必ず車検証の所有権名義人を確認しています。
ローンが残っている場合、残金を差し引いた金額で買取をしてくれます。 ローン残金が100万円残っており、買取金額が110万円であれば、その残金を差し引いた金額で買取手元には10万円が残ります。
逆にローン残金が100万残っており、買取金額が90万円であれば、10万円を補充して頂けなければなりません。 ローンが残っていても売却は可能です。

「ローン中の車も売る事はできる?」・・・続きを読む

過去車・故障車も売却できる?

日本で走っている車は、比較的綺麗で新しい車が多いことから、古い車や故障をしているような車は買い取りをしてもらえないと思われがちです。 しかし、古い過去の車や走行距離が多い車、事故車、故障者、改造車でも買い取りをしてもらうことが出来ます。
場合によっては、水没をしてしまった車でも、買い取りに応じてもらえることもあるのです。
年式が古い型落ちの車種や走行距離が10万キロを過ぎた走行多の車でも、人気や需要があれば高価買取をしてもらうことが出来るのです。

「過去車・故障車も売却できる?」・・・続きを読む

カープロジェクト入会 カーシェアリング協会 チャレンジ25
高価買取のコツ 中古車基礎知識 車の役立つ情報