車内で喫煙をしていた車は査定額が低くなるのか?

ここ最近、デパートや飲食店、駅などは禁煙のエリアが多くなり、喫煙者は肩身の狭い思いをされているかと思います。
中古車市場でも、最近では喫煙車であるか禁煙車であるかで、査定に影響をしてくるようになっています。
車内で喫煙をされていた車は、タバコ独特の臭いやヤニがついてしまっています。
ご自身ではほとんど気付かないかもしれませんが、タバコを吸わない方にとって、タバコの臭いはとても不快なものなのです。
ですので、中古車を購入される際も、タバコを吸わないような方は、禁煙車に限定をして購入する車を探される方も多いのです。
特に小さなお子様がおられるようなファミリー層の方が購入をされる場合は、特に禁煙車に限定をして車を探されている方が多いです。
また、タバコを吸うという方も、以前の使用者がタバコの臭いやヤニをつけている車には乗りたくないと思われている方が多く、禁煙車を好んで購入をされているようです。
こういったことから、中古車市場では禁煙車が圧倒的に需要が高いのです。
したがって喫煙車の査定額は、禁煙車に比べると格段に低くなってしまうということになるのです。
臭いに関しては、タバコだけでなくペットや香水の匂いも、査定に影響をしてくると言われています。
ですので、愛車を査定に回すまえに、室内の掃除をして臭いの元となるようなものは取り除いておきましょう。
その際に、カー用品店で車用の香水などで香りつけをして臭いをカバーする方がおられますが、それは絶対にしないで下さい。
臭いが消えるどころか、色々な臭いが混ざってしまい、車内の臭いがさらにキツくなってしまうことになります。

カープロジェクト入会 カーシェアリング協会 チャレンジ25
高価買取のコツ 中古車基礎知識 車の役立つ情報