キズは直してから査定に出した方が査定額が高くなるのか?

車は使用をしているだけで、事故などを起こしていなくてもキズがついてしまうこともあります。
小さなキズであれば、走行中に石や虫が当たってできてしまうことも多いのです。
ですので、小さなキズの1つや2つであれば、査定にマイナスに響いてしまうようなことはありません。
しかし、キズがあまりにも大きくて目立つものであったり、キズの数が多いようであれば、マイナス査定になってしまうこともあるのです。
小さなキズであれば、補修ペイントやタッチペン、研磨剤を使って自分で補修をしても良いでしょう。
しかし、自分で直す場合は、丁寧に適切な補修を行わなければ、小さなキズが逆に大きくなって目立ってしまうこともあります。
そうなってしまうと、査定でマイナスになる可能性が高いので、ご自身で補修をされる場合は気をつけておきましょう。
キズの中でも、あまりにも大きなキズや凹みがある場合は、ご自身で直そうとせずに、そのまま査定に出した方が良い場合が多いです。
なぜかと言いますと、大きなキズや凹みを修理するにはその分費用も掛かってきます。
その修理費用と査定にマイナスに響く価格とを比較すると、修理費用の方が高くついてしまう可能性が高いのです。
大きなキズや凹みがある車を買い取りした業者は、自社整備工場を持っているところが多いですので、そういったキズや凹みを自分たちで修理してしまいます。
自社整備工場で修理をしますので、費用はほとんど掛からないため、査定額にそこまで大きく影響を及ぼさないのです。
知り合いの整備工場で格安で修理をしてもらえる場合や、車両保険を利用して修理をする場合は、修理をしてから査定をした方がお得なこともありますので、相談をしてみるのも良いでしょう。

カープロジェクト入会 カーシェアリング協会 チャレンジ25
高価買取のコツ 中古車基礎知識 車の役立つ情報