下取りで中古車を購入する場合のメリットは?

下取りで中古車を購入するとはどういうことかと言いますと、ディーラーで現在乗っている車の下取り査定をして、その査定額を引いた金額で新しい車を購入することを言います。
この場合、ユーザーが自分の現在乗っている車の買取価格の相場がどれくらいかを知っていると、メリットは十分に感じられるでしょう。
しかし、買取価格の相場を知らないようであれば、下取りで中古車を購入するメリットは少なくなると言えるでしょう。
買取価格の相場を知らないようであれば、ディーラーは好きなように査定額を出すことが出来ますので、思った以上に安い買取価格で車を売却しなければならないようなこともあり得るのです。

下取りをするよりも買取の方がメリットが大きい

ディーラーで下取りをして査定額が20万円と提示をされたとしても、中古車買取の専門業者で査定を依頼すると、30万や40万といった査定額を提示されることがあります。
下取りをすると、新しく購入をする車の購入金額が下がりますので、安くで車を手に入れたかのように思ってしまうかもしれませんが、実際のところは査定額が中古車買取専門業者よりも 低いですので、実際のところは損をしているということになってしまうのです。

下取りでもメリットを感じるためには

下取りでメリットを感じたいのであれば、販売店を利用することです。
販売店では、査定を行う売却予定の車と購入予定の車との両方の金額のバランスを考えながら見積もりをしていきますので、希望に近い金額で売却も購入も出来る可能性があります。
総合的に判断をすると、現在乗っている車を売却して新車や中古車の購入を検討される場合は、車の売却先と購入先は別々の業者に依頼した方がいいでしょう。
つまり、下取りを行うよりも中古車専門の買取業者で車を売却した方が、ユーザーにとってはメリットが大きいということなのです。

カープロジェクト入会 カーシェアリング協会 チャレンジ25
高価買取のコツ 中古車基礎知識 車の役立つ情報