車を売却する際に値段の交渉は出来るのか?

自分の愛車を売却するとなると、だれもが1円でも高く買い取りをして欲しいと思うものです。
逆に買取店側は、少しでも安くで車を仕入れたいと思っています。
ですので、少しでも高く買い取りをしてもらいたければ、買取店側と値段交渉を行う必要があります。
値段交渉を行うには、事前に交渉に必要な情報を揃えておかなければなりません。
自分の愛車の車種が、市場ではどのような金額で販売をされているのかということや、査定価格はどれくらいが妥当なのかを知っておくことはとても大切です。
ほとんどの中古車買取店では、車業者専門のオートオークションでの価格を参考にして買取価格をはじき出しているようです。

オートオークションが中古車買取店の買取相場の参考になるのはなぜか?

オートオークションで出品されている車は、1台ごとにオークション会場の検査官が査定をして、走行距離や事故歴、修復歴の有無、車の状態をチェックして、 適正価格を算出し、評価票というものが作られています。
中古車販売店は、そのオートオークションの評価表をチェックして、事故歴や修復歴、走行距離などの正確な情報から中古車を仕入れて販売を行っているのです。
オートオークションでは、査定の評価の基準によって買取価格の相場が決められています。
ですので、自分の愛車の査定金額が決められる場合も、オートオークションでの査定の評価基準に準じて決定をされていることがほとんどなのです。

値段交渉の際のポイント

値段交渉は、もちろん人間同士で行います。
営業マンの方は、少しでも安くで車を買い取りたいという思いもありますが、車を売ってくれるお客様が買取価格に納得をして喜んで車を売ってもらえるように したいとも思っています。
値段交渉を行う大抵の方が、提示をされた査定金額に対して、「もう少し高くで買い取ってもらえませんか?」というような言い方をします。
しかし、こういった値段交渉の言葉は、営業マンは毎日のように聞かされている言葉なので心を打たれるということはありません。
このような値段交渉を行っても、「これ以上は高く査定をすることが出来ません。」と返事をされてしまうだけです。
値段交渉を行う場合は、「もう少し高く」と膨らんだ言い方をせずに、自分はあとこれくらい高く査定をして欲しいという具体的な金額を提示する方がいいのです。
あと3万円ほど高く買い取ってもらえれば納得が出来ると思えば、「あと3万円高く買い取ってもらえませんか?」とストレートに金額を提示してみて下さい。
その方が、営業マンも査定金額を考えやすいですし、頑張ってもらえる可能性も高くなりますので、結果的に値段交渉を成功させることに繋がるのです。

カープロジェクト入会 カーシェアリング協会 チャレンジ25
高価買取のコツ 中古車基礎知識 車の役立つ情報