車査定買取ジャパン | 下取りと買取の違いについて

下取りと買取の違いについて

下取りと買取は若干の違いがあります。
その違いをきちんと理解して、下取りと買取の内容を比較するのが、高く車を売る秘訣でもあるのです。
下取りとは、新しく車を購入する販売店で現在乗っている車を買い取ってもらうことです。
買取価格の金額は、新しく購入する車の購入資金に充てるのが基本です。
自動車販売店でも中古車の買い取りを行うのは日常茶飯事ですので、しっかりと買取の基準を設定しています。
車のキズや凹み、事故歴や修復歴などをチェックして査定を行い、買取価格を決定します。
自動車販売店で行われている下取りは、中古車買取専門業者や中古車販売業者で査定をする場合の価格とは相場が違います。
自動車販売店では、新車の販売をメインの事業として行っておりますので、社外品のエアロや車高調、ナビは、状態が良くても査定に反映をされない場合が多いです。
逆に、中古車買取専門業者や中古車販売業者では、社外品のパーツはプラスに評価をされるものもたくさんあります。
愛車を売却する場合は、下取りで手放すよりも中古車買取専門業者や中古車販売業者で買取をしてもらった方がメリットが大きいと思います。
以下に下取りと買取についての説明をしておきますので、目を通してみて下さい。

下取りについて

下取りは、販売店で新車を購入する資金として、現在乗っている車を査定に出して買取金額を充てるということです。
ディーラーでは、独自に下取りの基本価格を設定しており、それに基いてマイナスの査定があれば買取価格が下がっていくようになっています。
中古車買取業者が参考にしている車のオークション相場で買取価格を決定していませんので、中古車買取業者とは買取金額が違うこともあります。
ディーラーで査定を依頼する場合は、新車を購入することが条件ですので、新車の価格に合わせて買取価格が変わる場合もあります。
社外品のパーツがついていても、査定にプラスになることはありません。

買取について

買取とは、現在乗っている車を売って、単に買取金額の現金を受け取ることです。
もし、他のディーラーや販売店で新車の購入を予定されている場合は、受け取った現金で支払いをするのももちろんアリです。
中古車買取業者では、車のオークションの相場を基にして、査定をする車の状態に合わせて買取価格を上げたり下げたり調整を行います。
買取の場合は、中古車の査定を主な事業としているところが多いですので、社外品のエアロやアルミホイール、カーナビも査定に加えてもらうことが出来ます。

カープロジェクト入会 カーシェアリング協会 チャレンジ25
高価買取のコツ 中古車基礎知識 車の役立つ情報