走行距離は何万㎞までが「走行少」になるのか?

中古車査定を行う際に基準となる走行距離は、1年で8000~10000kmと言われています。
「走行少」と言われるような1年の走行距離は、3000km以下とされています。
逆に、1年に100000kmを超えるような走行距離の車は、走行多という風に呼ばれます。
車は、走行距離に応じてさまざまな部品が消耗をして劣化をしていきます。
どんな車種でも、走行距離が100000kmを超えると部品が劣化をしてくると言われており、交換をしなければならない部品もたくさん出てきます。
タイミングベルトやウォーターポンプ、ゴム、樹脂パーツ関係は、劣化のスピードが早いので、交換の可能性が高くなります。
交換をするとなると、もちろん費用も掛かってきます。
ただ、低走行車だからというだけで、車の状態が良いと言えるわけではありません。
まず、その車の新車登録年月を確認して下さい。
中には、登録年月から10年近くも経っているのに、走行距離が伸びていないというような車もあります。
車は、走ることを前提として作られていますので、走行距離が極端に少ないと、グリス切れを起こしていたり、エンジンオイルのオイル膜が乾いてしまっていたり、ブッシュ類が劣化している場合もあります。
あまりにも低走行過ぎると逆にトラブルを起こしてしまっている可能性もありますので、年式相応の走行距離のものが1番トラブルが少ないと言えるでしょう。
日本では、50000km以上の走行距離の車は、あまり人気がないのですが、日本以外のアジア諸国では、日本車というブランドだけで100000kmを超えるような車でも需要があるようです。
中には、200000km~300000kmの走行距離の車も走っている国はあるのです。
日本車というブランドは世界的にとても強いことから、走行距離に関係なく買い取りを行ってくれることも多いのです。

カープロジェクト入会 カーシェアリング協会 チャレンジ25
高価買取のコツ 中古車基礎知識 車の役立つ情報